right
新着情報一覧
2022
/
05
/
30

八女市消防団上陽支団水防訓練を実施

 令和4年5月29日、八女市春の山公園付近の山林において八女市消防団上陽支団水防訓練指導を行いました。

 今回の水防訓練は、大雨などによる災害発生時に実施する頻度が高い「シート張り工法」に的を絞って訓練を行いました。

 最初に、シート張り工法の基本的な知識と要領の確認のための訓練を行い、後半は「民家の裏山が大雨により土砂崩れの恐れがある」という想定内容でブラインド方式の訓練を行いました。

 想定訓練は、消防団幹部の指揮により各団員がそれぞれの役割に別れて、より実践的なシート張り工法が展開されました。

 本格的な梅雨及び台風時季に備え、改めて水防工法の確認と、消防署と消防団の連携強化に繋がる有意義な訓練となりました。

 消防団員の皆様、暑い中大変お疲れさまでした。

八女市星野村地域災害図上訓練
2022-06-10

~九州北部豪雨から10年、いつ何時にも備える~ 令和4年6月5日(日)、八女市星野村で地域災害図上訓練を実施しました。 平成24年7月、九州北部豪雨で八女市星野村は甚大な被害を受けました。大災害から今年で10年の節目を迎え、地域防災の要となる消防団の指導のもと、自衛消防組織、隣組長等が各区の公民館や集落センターに集まり、実際に水害が起こったことをイメージしながら、色ペンやシール、付箋を使って避難場所、浸水被害危険地域、土砂災害危険地域、河川の場所等を地図上に書き込んでいきました。10年前の経験を基に、「あの時はここが崩壊した。」「この辺が浸水した。」「この場所は安全だ。」といった活発な意見が飛び交い、改めていつ起こるか分からない大災害への備えが出来ました。 また、こんな時どうする?といった様々な災害想定について話し合い、出し合った沢山の意見を発表し、情報を共有することで共通認識を深めることが出来ました。 福岡県に5年連続で発表されている大雨特別警報。皆さんは慣れが生じてきてはいませんか?九州北部豪雨の大災害を風化させないために、改めて考えましょう。いつ襲ってくるか分からない、自然災害のために。

住民アンケートの実施について
2022-05-26

住民アンケートの実施について‍ 日頃から消防行政の運営にご協力いただきありがとうございます。 本年度消防本部においては、老朽化した消防庁舎(S47年度建設)の諸問題を解決すべく新庁舎建設を見据え、消防が目指すべき将来像を実現できる消防庁舎建設の基本構想を検討しています。 皆様から、消防庁舎に関する多様な意見を把握し、基本構想に反映させていくため、アンケート調査を実施しますので(7月7日締切)、ご協力お願いいたします。※ 消防庁舎の建設時期及び建設場所については、未定です。‍募集期間:令和4年5月27日(金)から令和4年7月7日(木)まで対 象 者:1.市・町内に住所または居住している方 2.市・町内にある事務所または事業所に勤務している方 3.町内にある学校に在学している方 上記のいずれかに該当される方。提出方法:【アンケート様式】 次のいずれかの方法で提出してください。 1.郵送又は持参(各署・各分署への提出可能) 2.電子メール 3.ファクシミリ ※ 2.3は件名に「住民アンケート」と明記ください。お問合せ先及び送付先:八女消防本部 総務課庶務係 〒834-0063 八女市本村22番地1 TEL 0943-24-2119 FAX 0943-25-1119 E-mail:info@yame119.jpその他:お寄せいただいたご意見は、今後の八女消防本基本構想策定の参考にさせていただきます。 また、ご意見に対する個別回答は致しませんので、あらかじめご了承ください。

女性活躍推進法に基づく特定事業主行動計画の策定及び情報公表について
2021-05-13

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)に基づき、 以下のとおり情報公表します。 ○ 特定事業主行動計画 ( リ ン ク ) ○ 情報公表 1 令和2年度新規採用職員採用状況及び採用試験受験者割合 ( 試験日 令和2年10月18日 ) 区 分 採 用 者 受 験 者 割 合 男 性 4 名 100% 女 性 0 名 0 % 2 継続勤務年数状況 ( 令和3年4月1日現在 ) 男 性 14年 9月 女 性 11年 8月 3 超過勤務の状況 ( 令和2年度実績 ) 各月平均の値(一人あたり) 6 時 間 4 管理職員に対する女性の割合 ( 令和3年4月1日現在 ) 女 性 0 % 5 各階級区分に対する男女の割合 ( 令和3年4月1日現在 ) 区 分 消 防 士 消防副士長 消防士長 消防司令補 消防司令 消防司令長 消 防 監 合 計 男 性 28名 6名 45名 25名 11名 7名 1名 123名 女 性 1名 3.4% 0名 2名 4.3% 0名 0名 0名 0名 3名 2.4% 合 計 29名 6名 47名 25名 11名 7名 1名 126名 6 男女別の育児休暇取得率 ( 令和2年度中 ) 男 性 0 % 女 性 100 % 7 配偶者出産のための補助休暇の取得率 ( 令和2年度中 ) 男 性 75 % 8 年次有給休暇取得率 ( 取得日数 ÷ 付与日数 )×100 ( 令和2年度中 ) 取 得 率 29 %